Header image  
いま思っていることとか、感じていることとか。  
  近況報告へ戻る
   
 

過去ログ

large product photo

今年も軽井沢サマーキャンプを開催します!

large product photo

カナダでのカリキュラム開発会議

large product photo

長野県庁での許認可申請も山場


 

[震災を乗り越えて]
2011年4月
 

東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々に慎んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。震災から1ヶ月以上が経った今も、避難所生活を強いられている皆さん、そして原発の直接的・間接的被害に苦しまれている皆さんのことを思うと、本当に胸が締め付けられる思いが致します…。

私たちの学校プロジェクトは、「アジア地域そしてグローバル社会のために、新たなフロンティアを創り出し、変革をおこせるリーダーを輩出すること」を理念に掲げています。今回の震災において、私たちの母国である日本も、歴史的な大地震と津波そして原発事故というこれまでにない困難な局面に直面することになりました。こういった想定外の難しい局面を乗り越えていくには、リーダーシップが何よりも重要であると改めて認識する機会となり、日本およびアジアにおいてリーダーを育てる教育の重要性と必然性、そしてこのミッションを推進していく責任をいっそう強くかみしめています。

リーダーは必ずしも政治家や起業家である必要はありません。人は生まれながらにして、ひとりひとり特有の才能をもっています。その才能を信じ、リスクや変化を恐れることなく、新しい価値観を生みだすことに喜びを見いだせるような人間こそが、各分野のチェンジメーカーとして新しい時代を担っていくと信じています。そして、次世代のアジアを担える人材を輩出する教育機関の設立を通じて、日本がアジア地域において新たなインパクトをもたらせる時代に、少しでも貢献してゆきたい、と強く願います。

私達の活動の様子は、引き続き日経ビジネスオンラインの中で定期的に連載をして頂いております。ぜひみなさまこちらから日経ビジネスオンラインにご登録いただきまして、プロジェクトの進捗状況を見守って頂ければ幸いです。遅ればせながらtwitterもはじめました。皆さんと有機的に繋がりながら、こんな時代ですけれど、こんな時代だからこそ、ここ日本から、新しい教育のカタチを発信していければと考えています。