Header image  
いま思っていることとか、感じていることとか。  
  近況報告へ戻る
   
 

過去ログ


large product photo


large product photo


large product photo


 

[学校の候補地えらび]
2009年1月
 

「この土地、"気"がいいわ!」車を降りた瞬間、メンバーからこんな声があがりました。"気"がいいかどうかは別として(笑)、さわやかに樹々を吹き抜ける風、遠くに仰ぎ見る浅間山の雄姿、そして何度も深呼吸したくなる新鮮な空気…軽井沢にまだこんなに手つかずの自然が残っているのかと思わせる広大な一角が、今回の学校プロジェクト*の最有力候補地として浮上してきました。(*私が学校をはじめることになった経緯やめざす方向性についてはページ下のリンクから過去ログをご覧下さい。)

孟子の有名な言葉に「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず。」とあります。先月のコラムに、このプロジェクトには運命的な出会いが多い、即ち「天の時」が備わっているのではないかと書きましたが、プロジェクトチームの皆さんとこの候補地の視察に訪れて、「地の利」にも恵まれそうな予感と興奮を覚えました(写真上: 浅間山の雪景色、写真中: 説明を聴く建築家のS氏ら、写真下: S氏が以前設計された近隣の別荘)!

そして、天の時よりも地の利よりも大切なのが「人の和」です。現プロジェクトチームの皆さんはもとより、軽井沢を愛する地元のみなさん、日本の将来を真剣に考える財界や政界の方々、アジアにおけるリーダー教育に熱意を注ぐ先生達、そして何より、私たちの目指す教育に共鳴してくださる生徒さんとご父兄の皆さん。---皆の想いがひとつになって大きなうねりとなる時、きっとこのプロジェクトがまたぐんっと前に進む瞬間がくるような気がしています。