Header image  
いま思っていることとか、感じていることとか。  
  近況報告へ戻る
   
 

過去ログ


large product photo


large product photo

 

[地方分権のコスト]
2006年10月
 


9月中旬に、初めての出張でミンダナオ地域最大の都市ダバオでのRegional Planning Meetingに出席してきました。年に一回、この地域でUNICEFが支援する9つの州と市が一堂に会する場です。関係者の数、なんと120名超。市内の最高級ホテルで1週間行われる会議費用は数百万円規模です。他方、1つの州/市に配分される支援金は2300万円。フィリピンは地方分権が進んでいるため、UNICEFが支援するような活動はどうしても地方自治体と直接プランせざるを得ません。地方分権は、現場に近い地方自治体に舵を取ってもらうことで活動のより効果的な実施を促すとされていますが、そのために莫大なコストがかかっていることも忘れてはいけないと思いました。地方自治体の中には中央政府にも引けをとらないような優秀な人材も多いので、このコストがpay offされることを信じつつ…。

残念なことに、まだ直接子ども達と接する仕事には出会っていません。来月は、このコーナーを子ども達の笑顔でいっぱいにできるといいのですが。