Header image  
いま思っていることとか、感じていることとか。  
  近況報告へ戻る
   
 

過去ログ


large product photo


large product photo

 

[お世話になっている皆さまへ]
2006年8月
 


一部の皆さまには大変ご無沙汰しており、申し訳ございません。おかげさまで、米国の大学院を卒業し無事帰国することができました。専攻は、開発学の中でもさらに的を絞った国際教育政策学というコースで、修士論文のテーマは世銀・国際協力銀が協調融資している「フィリピン貧困地域初等教育事業」の効果測定でした(論文はこちらからダウンロードできます:PDF形式)。

2006年8月からは、国連児童基金(UNICEF)フィリピン事務所にて、子どもの人権保護と教育を目的としたプログラムに携わることとなります。フィリピンは、大学と大学院で研究対象としていただけでなく、前職(国際協力銀行)時代の担当国でもあり、また5歳のときに生まれて初めて訪れた外国でもあります。非常に思い入れのある国への赴任になったことを嬉しく思うとともに、あらがえない運命の力さえ感じます。

社会人最初の5年間に民間セクターで学ばせていただいた、結果に対する執着心や、スピード、柔軟性、フットワークの軽さを、援助業界でもできる限り活かしながら、「私らしい」仕事の仕方をしていけたらと考えております。ここにこうして今日の私があるのは、人生のさまざまな局面で私を叱り、支え、理解してくださった皆さんのお陰であると、最近切に感じます。本当に、どうもありがとうございました、そして、今後とも末永く宜しくお願いいたします!